散文誌

日記・小説

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: VIPでテキストサイト『共通テーマ』  

VIPでテキストサイト共通テーマ『虹』

洗剤を手で泡立て、シャボン玉のような気泡を作ると、その表面に虹にも似た煌めきが生じる。泡の
プリズムだ。手を少しずらすだけで、虹はキラキラと輝く。その美しさに眼を奪われ、じっと見つめ
続ける内に、いつしか心が現実から遊離していく。

人は無軌道なモノを見ると落ち着くらしい。例えば火の揺らめきなんかがそう。僕はモノを考える時、
よくライターを点火させて揺らめく火の中に神経を埋没させる。そうすると、乱雑な思考の流れが整
理され、一本の道に思考が集約されるような意識の檻に囚われる。
泡のプリズムにも似たような感覚がある。

だから僕は湯船に浸かるとき、必ずと言っていいほど虹を見る。いや、正確には『見遣る』。虹の先
に空想の世界を映えさせ、脳裏に展開する妄想にただただ没頭する。あるときは着崩れた服装の野暮
ったいニヒルな探偵であり、あるときは病に侵され余命いくばくもない気鋭の新進作家であり、ある
ときは亡霊の燐火にとり憑かれた亡国の王子だったり。その時その時の、影響されたモノによって夢
想の中身は形を変えるけれども。

お風呂場の空間と湯の温かさが、重力に押しとどめられた煩わしい現身のくびきを切り離して、心の
小宇宙を開放し、その広大なスペースに、想像の翼をはためかせていく。

心と身体を遊離させる、僕にとって最高のリラクゼーション。それにもし、名前を付けるとしたら?


しばらく沈思したあと、ある俳句が脳裏に浮かんだ。

『咳をしても一人』
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry『ゼロの焦点』 松本清張

Older Entry変調をきたすバイオリズム

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。