FC2ブログ

散文誌

日記・小説

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日想  

うんこ

うんこ。そう聞いて思い出す事柄が一つあった。
タカノリ・メイクス・レボリューション(貴教が革命を起こすとか意味を考えると笑える)こと、
T.M.Revolutionのボーカルであり芸人でもある西川貴教の番組、確かラジオだったと思うが、そこで
リスナーから、

「西川さんは最悪の場合、うんこ食えますか」

なる投書があったのを覚えている。僕はそのとき、大いにその突拍子のないフレーズがツボにハマり
大笑いした事があったのでよく記憶に残っていたのだ。「食えねーよ」と一人突っ込みを入れていた
当時の自分をまざまざと思い出し、クスリと笑みをこぼしたのもつかの間、はて僕はこの問いかけに
対して、どう答えるべきかと考えてみる。

普通ならうんこなんて食えない。特殊な性癖を持つ輩は地にひざまずき恭しく、そしてありがく頂く
のだろうが、そんな極度に頭の振れた人間でない僕は、うんこなんて到底食えやしないと思うのだが、
はたしてそうだろうか。普通の状況なら「食べる」なんて選択肢は存在しない。でも、最悪の場合、
僕はもしかしたら食べてしまうかもしれない、とも思われる。

最悪の場合とはどんな状況か、考えてみよう。極限の飢餓、何かを食べなければ死ぬといった場面だ
ろうか。背に腹はかえられない、逼迫した状況。だが、そんな状態でうんこなんて出るのか? とも
思う。何故なら、人間は水さえあれば、一月は絶食していても持つと言われているではないか。一月
もの長い間、絶食していれば、出るものも出ないんじゃなかろうか? つまり、腸内に蓄えられたう
んこなんてもう、出し尽したあとなのでは? と僕は思うのだ。

どのくらい絶食したら、うんこは出なくなるのか? ググッてみたところ、大体一週間ほどで、宿便
と呼ばれる腸内に留まったうんこの残滓が出始め、それ以降は、飢餓便と言われる粘液下痢便、言い
換えればうんこ色の水が出るのだそうです。つまるところ、絶食していても水分さえとっていれば、
うんこは出るには出るらしい。しかし飢餓便にまで至ると、それはもう食うと言うよりは飲むと言っ
たほうが適切のような気がする。食べるという表現に当たるのはまがりなりにもうんこの形をとった
宿便までだろう。そうすると一週間ほどの断食で僕はうんこを食べざるをえないような状況に至るの
か? そうは思えない。水分をとって空腹を紛らわそうとするんじゃなかろうか。

では、水分を摂らなかったらどうだろう。人間は水を摂らなければ三日ほどで死に至るらしい。喉の
飢餓。小便は出ないけど大便は出るとする。その渇きを満たすため、僕はうんこから水分を摂取しよ
うとするだろうか? ……例え口に入れたとしても、吐き出してしまいそうな気がする。

そもそも、極限の状態でうんこを食べて生き延びた、もしくは食べてしまったというような人間はい
るんだろうか。調べてみても、噂はあれど、真実味を帯びた話はどうも見当たらない。ふと時計を見
やると四時ですよ。これ、学生の辛いところね、なんてコピペが浮かんで消える。

ここまでくだらないことをグダグダと考えてしまった。なんだろう、すごく時間を無駄に空費したと
後悔の念に囚われる。でも一つ面白かったのは、南極物語で生き延びたタロとジロが、一年もの間生
き長らえたのは、アザラシのウンコを食べていたという話。アザラシの糞には未消化の小エビや稚魚
が含まれており、栄養は豊富だったらしいよ。

ああ、そうそう、結論を言うのを忘れていた。最悪の場合、僕はうんこを食べるのか否か?

答えは、イエスでもあり、ノーでもある。
つまるところ、どんな想像も思慮も、その状況に置かれえないかぎり、真実とは遠い隔たりがあるモ
ノだと思うんだ。百聞は一見にしかず、論より証拠、といったところだろうか。これにて終わり。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry「彼女の写真スマホに入ってるけど大学の知り合いに見られたら社会的に死ぬ」

Older Entryg560 win7 sp1 アップデート

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。