FC2ブログ

散文誌

日記・小説

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: VIPでテキストサイト『共通テーマ』  

お題バトン『りんご飴』

りんご飴といえば、祭りなどの縁日ぐらいでしかお目にかかれない、まずまず珍しい代物ですが、先日、毎年のお決まりの行事として、一家総出で近所の大きな公園へと花見に行きまして、そこでりんご飴を目にする機会がありました。
今年は近くに移り住んできた姉夫婦も同席と相成りまして、両親や祖父母と共に酒宴の狂態、下戸の僕は適当に酔っ払いどもへ相槌をうちながら、姉夫婦の一人娘、今年小学一年生になる姪っ子のめいちゃん(仮)が退屈しないよう、女衆からの半ば強制的な命令もあり、従者、セバスチャンの役を担うことになったのです。

普段なら齢三十のおっさんが、りんご飴を食べよう、なんて思考の片隅にも浮かばないのですが、めいちゃんの小さな手を引きながら、屋台を見回っていると、「おじちゃん、あれあれ!」と、めいちゃんがある一つの屋台を指差しました。そこはりんご飴を売っている屋台でした。飴細工に縁取られたりんご飴は、屋台の明かりを受けて煌めいていて、縁日独特の雰囲気のせいでしょうか、ただのりんご飴が、実際以上に眩く見えました。めいちゃんはその輝きに見ほれたのでしょう。めいちゃんに催促され、めいちゃんに一つと、僕も一つ買う事にしました。

綺麗だから食べるのがもったいないね、なんて言いながら一舐め。甘いなぁ。二舐め。ただの飴だな。三舐め。もうけっこうです。といった按配でしたが、めいちゃんは美味しそうに食べていました。そのニコニコと幸せそうな顔を見て、何故でしょうか、悪戯心が芽生えてきました。決して、めいちゃんのせいでただでさえ寂しい懐から、ただの棒と化したりんご飴などというゴミを買ってしまった事を逆恨みしているわけではありません。僕は親戚として、めいちゃんを愛していますし、年端もいかぬ子供にあくどいことをして泣かせるような、たちの悪い大人では決してありません。

では、可愛い嘘ならどうでしょうか。その場限りの一夜の夢というモノは、女性には好評だと風の噂に聞いた事があります。僕は今年が始まって以来、初めて真剣に悩みました。可愛い嘘とはどんな嘘か。可愛い、嘘。カワウソ。ネコ目イタチ科カワウソ亜科に属する哺乳動物。泳ぎが得意であり、水中での生活に――などと、あっちこっちへ寄り道する脳裏に、突如天啓が舞い降りてきました。

それというのも、僕は考えながらリンゴ飴を頬張り、齧ったときに、ズキンと歯痛がしたのです。リンゴ飴とズキン。ズキンズキンドキンドキン。リンゴ飴と、ドキン。そう、僕が連想したのは、アンパンマンのドキンちゃんです。リンゴ飴をよく見てください。どことなくドキンちゃんに似ているではありませんか。これだ! と思い、僕はめいちゃんにドキンちゃんの由来をまことしやかに説明しました。

曰く、作者がドキンちゃんを思いついたのは僕と同じような体験をしたから。
曰く、ドキンちゃんが赤色で角があるのは、リンゴ飴をモデルとしているから。
曰く、ドキンちゃんが天真爛漫なのは、モデルとなったリンゴ飴が情熱の赤だから。

そういった嘘をまことしやかに語ると、めいちゃんは大いに喜び、楽しんでくれて、帰り道、姉からお褒めの言葉を賜るなど、僕としても記憶に残る日となりました。

それから、しばらくして。家で食っちゃ寝を繰り返す僕に母が小言を言っている時に、姉から電話がありました。僕はこれ幸いと別室に逃げ込み、姉の話に耳を傾けると、どうやらあの花見の日、めいちゃんにした可愛い嘘の事のようです。怒られるかなと一瞬、肝を冷やしましたが、姉の口調は上機嫌でした。おやおやおかしいぞと思いながら姉の話をよくよく聞いたところ。
どうやら僕の可愛い嘘のおかげで、クラスメイトの女子とお友達になれたのだそうです。姉からありがとうと感謝され、どこか居心地の悪さを感じながら、適当に相槌をうち、電話を切りました。
僕の可愛い嘘が、めいちゃんに幸福をもたらしたのなら、これは嬉しい事です。しかし、のちのちこの可愛い嘘が、めいちゃんにとって災いになるやもしれません。本当のことを言うべきでしょうか。それとも、このまま黙っているべきでしょうか。今年二度目の真剣な悩みです。僕はしばし虚空を注視したあと、オナニーをして忘れる事に決めました。
決して、逃げているわけではありません。考えてもみてください。嘘だと言ったところで、笑っているめいちゃんの顔にひびを入れるような真似を姉はしないでしょうし、どうせバれたところで、大した事はないと思ったのです。古来より人は困った事があれば、天の配剤に委ねていました。僕も、それに倣っただけのことです。大したことはない、きっと、めいちゃんの未来は明るい。あんなに可愛らしい子の未来が、暗かろうはずがないじゃありませんか。
ですが、嘘はいけません。大小の差はどうであれ、多くの嘘は人を不幸にします。戒めましょうね。




という、妄想のお話でした。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry春風邪

Older Entryタイトルなし

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。