FC2ブログ

散文誌

日記・小説

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 小説  

ご飯ですよ!

「ねえねえあれとって」

「あれって何よ。ちゃんと言いなさい」

「母さん、相手にするだけ無駄だよ。だって馬鹿なんだから」

「うっさい、馬鹿。馬鹿って言う奴が馬鹿なんだよ馬鹿兄」

「女のクセにその言葉使いはどうなんだよ。おまえ、彼死できたことないだろ?」

「はあ? 万年童貞のあんたにいわれたくない!」

「うるさい! 夕飯だ。静かに食べなさい」

 ごく普通の家庭の、普遍的な晩餐風景。一家の大黒柱である父親は世間の荒波に揉まれすぎたせいか、寂しい頭皮を世間に晒し、母親は怠惰な生活のためか風船のように丸く、そのくせ家事の大変さをこれ見よがしに熱弁し、息子は大学受験を控えているにも関わらず、友人達と青春に逃避し、娘は中学という思春期真っ只中の年齢のためか、常に乱気運を背負っているようだった。まことにごくごく一般的な、秋の夜長の夕食の席である。

「誠司、模試の結果、どうだったの?」
 母は半ば諦め顔ながらも、目に若干の期待を込め、誠司に問うた。

「ん? まあ、ぼちぼち、かな」と、誠司は散々だったはずの模試を、小さなプライドを守るために嘘を付く。

「あら、そう? これからが大変でしょうけど、頑張ってね」と母は内心の疑心を隠し息子を応援した。

「だいじょぶだよ、受からないほうがおかしいって話じゃんあの大学。まあ、兄は家族の期待をいつも裏切ってからどうなるか分かんないけど」

「うるさいんだよお前は。つか、お前も来年は受験じゃん。偏差値五十以下なんだから、自分の心配したらどうだ?」

「そうよ、祥子。今の成績じゃ、まともな高校には行けないわよ。もう少し頑張んなさい」

 祥子は口を開きかけたが、つと思い直し、再び母に催促した。

「ねえ、あれとってよ」

「だから、あれ、じゃ分かんないでしょ。お母さんはエスパーじゃないのよ」

「だって度忘れしちゃったんだもんしょうがないじゃない」

「んなら自分で取ればいいだろ。我侭いってんなよ馬鹿」

「また馬鹿って言った! ばかばかばーか!」

「うるさい、と言ってるだろう! 静かに食べんか、まったく」

 父の怒声が居間に響き、一瞬、静けさが襲った。その時、どこからともなく飼い猫のミーが現れ、腹が減ったと鳴き始めた。

「あっ、ミーったらどこ言ってたの? はい、ごは――」用意しておいたキャットフードを手にした祥子に、天啓が舞い降りた。

ご飯――そう、そうだったわ、ご飯よ!

「ご飯ですよ!」祥子の叫声は、隣近所にまで響き渡ったそうである。秋の夜長の、ごくごく一般的な、晩餐風景であった。  〔了〕
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entryムーンライトラビリンス

Older Entryスオンジーの森

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。