散文誌

日記・小説

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: VIPでテキストサイト『共通テーマ』  

共通テーマ『インターネット』

インターネット電脳世界バーチャルワールド。そのどれもが、なんとなく実感の湧かない
言葉なのは、僕自身がネットワークについて詳しくないからだろう。
ぼくにとってインターネットとは、ただ単にネットサーフィンを行う為のツールでしかない。
いや、もしかしたら、PCを持っている人間の過半数は、そうなのではないのか? と思うのは、
自意識過剰な僕の勘違いだろうか。
と書いたところで、社会人の存在を忘れていたことに気づく。そうだった、彼らを含めば、
とても過半数などという世迷言は述べられない。だがしかし、ちょっと待って欲しい。
僕が仕事で使わない為に、そう思ってしまったのではないのか? つまり、プライベートに限れば、
『インターネットとは、ただ単にネットサーフィンを行う為のツールでしかない』
のではないのだろうか? 仕事という要素を排除すれば、多くの人間は動画を観たりしている
だけなのでは? ここで僕は一つの真理を思い出す。
『人間とは、本質的に奴隷体質であり、怠惰な生き物である』
ということは、最初に僕が思っていた仮定は、実は正しいのではないのか? これは創作物にも
言えることで、昨今のアニメを鑑みてほしい。九割クソであるのは賛同を得るまでもない事実であり、
TVも、映画も、小説も、素晴らしい、と心から思えるモノは、全体の一割程度なのではないのか?
現代には簡単にアウトプットできるツールが溢れており、それを用いて手軽に創作なり何なり
出来てしまうことが、全体の質を落としているのだろうが、これは由々しき事態なのではないだろうか。
大抵のモノを簡単に手に入れられてしまうために、『楽』をしてしまう。それがために、
過程がおろそかになり、結果、無残なモノが溢れる事態に陥ってしまったのではないだろうか。
でもよくよく考えてみると、ガラクタが飽和するのは先を見越して考えると、いい事なのかもしれない。
誰しも最初から満足のいくモノを創れるとは限らないのは周知の事実だし、それだけ多くの人間が
創作に関われば、良いモノも増えるということなのではないだろうか。
つまりこの飽和の時代に必要なことは、より良いモノを見抜く審美眼だ、ということだろう
疑問が氷解したところで、筆をおくとしようそうしよう。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry共通テーマ『旅・旅行』

Older Entry共通テーマ『スク水』

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。