散文誌

日記・小説

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: VIPでテキストサイト『共通テーマ』  

共通テーマ『おっぱい』

おっぱい。この耳障りの良い単語は、卓見なる紳士諸君にとって語られ尽くしたモノなのかも知れない。
けれど共通テーマに選ばれたからには、各々の見解をもう一度、語って戴くほかないだろう。
もちろん僕も含めてのことだ。ただ、僕はおっぱいについて、以前感銘を受けた文章をブログに
載せたことがあり、そのクオリティを超えるようなおっぱい記事を書けるとは思えない。
だから僕は、直裁的ではない、ちょっと違う目線から、おっぱいについて語りたいと思う。

妄想という名のおもちゃ箱の中に、皆思い思いの、自己陶酔に浸れる言霊を持っているはずだ。
その中に、高確率で、男なら女体化・あるいはふたなり(アンドロギュヌス)という言霊がある
のではないだろうか。一度は妄想したことがあるはずだ。もし。もし、朝起きて女の子になっていたら、と。

突然、異性の身体に変わっていたら、まず何をするのか。当然、どんなプロポーションなのか
見るために裸になるよね。そしておっぱいを触ってみる。十代は張りが違うとか聞くけど、僕の――
いや、私のおっぱいはどうなのかな? なぁんて。そしてお次はもちろん、秘部に手を伸ばすはな?
ジャングルの中の秘境。そこにはどんな感覚が隠されているのか、気にならない人間はいないだろう。
なにせ、女性の性感帯は、男が感じるモノより数倍のエクスタシーがあるそうじゃないか。
絶対に触って弄り倒すに決まってるね。ここで「いや、僕はそんなことしないよ」なぁんて言う
奴は完全にむっつりスケベで間違いない。触らないはずがない。ちなみにこれは女性にも言える
ことかも知れない。僕の中での一般的な女性とは、カマトトぶってる二枚潮ならぬ二枚顔の女だ。
偏見かも知れない。がしかし、大半の女はこういった毒にしかならない二面性を持っていると僕は
思うのだ。そんな女に、「ある日突然、男になってたら、まず何をする?」と聞いてみたとしよう。
いいかい、絶対に、絶ぇっ対に、「ちん○触るかもw」なんて答えないね。断言できる。
「女の子くどいてみるかもw」なぁんて二番目ぐらいに思うことをさも一番目に思ったかのように答えるだろう。

女なんてのはそんな生き物だ。だから男はロリコンに走るのかもしれない。穢れを知らない、天使の
ような女の子。それが愛の対象であり、二十を過ぎたメスは性の対象でしかないのだ、なぁんて。

さて、主題はいずこへ、話が二転三転してしまった。だけど僕は思う、これは女の特徴とも言われる
要領を得ない話し方ではないのか、と。そう考えると、僕が女に抱く嫌悪感は、もしかしたら自分を
見ているようで嫌なのかもしれない。動機の言語化。しかし、そんなことをしたって、大抵の人間は
さらに自分のことが嫌いになるだけで、改善しようなんて本気で考えない、と思わないでもない。
一言に変わる、と言っても、それは簡単なようでいて、とても難しいことだからだ。だってそれには
膨大なエネルギーを必要とするから。自分の嫌な部分を変えるには、ストレスの負荷を絶えず受けな
がら実行しなくてならない。それに堪えうる人間はいるんだろうけど、大抵の人間は堪えられない。
だから自分と向き合う、なんてしちめんどくさい事はせず、日々を自堕落に生きる人間のほうが多いと
思うのだ。ちなみに僕もそうなわけだが、でも。自堕落でもいいじゃないか。だって僕は、社会性を
捨てた新しい人類、ニートなのだから。なぁんてうぞぶいて見たところで、筆をおくとしようそうしよう。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry文章力って何だ?

Older Entryちんしゅ。それは聖なる行ない

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。